Category Archives: CEOブログ

FESPA 2018 Berlin

展示会 FESPA2018 今年はベルリンで開催。 世界中の600のメーカーやサプライヤーが出展します。 展示会の大半は既存の製品を展示しており新しい製品は一部しかないためざっと外から見るだけでは見落としてしまう事が多々あり中にはブースの奥まで入らないと見れなかったり説明を聞かないとわからない新製品もある。 今年も今までの常識の範囲を超える新製品や面白い発想の製品やサービスがいくつかあったが、ほとんどはブースを外から見るだけでは見つける事はできなかったものが多い。 仮に一つしか見つけれなかったとしても、物によっては会社売上貢献度が高いものもある。 今回採用を決めた新製品の中でも早ければ夏には新サービスとして始めたい。
Read more

日本の展示会の残念なところ。

海外の展示会に行くと日本と海外では展示会主催者の姿勢の違いを感じる。 ビッグサイトや幕張メッセなどで開催される素晴らしい展示会もありますが、日本の展示会では残念に思う事が沢山ある。 ・受付で並ばされる事は時間の無駄 招待券を持って並ぶのは時間の無駄で誰も得をしない。 事前登録しているのにも関わらず結果長い列に並ばなければいけなかったりする。 ドイツのとある展示会ではそもそも受付がない。 ネットで事前登録し自分で入場券を自身で印刷して持っていく。 入り口付近にはスポンサー名が入ったフリーのパスホルダーが置いてあり自分で取り入場券を入れる。 入り口ゲートにいるスタッフにバーコードをスキャンしてもらえれば会場に入れる。バーコードスキャンは瞬間なので混雑する事もない。 受付の人件費も削減できるだろうし、パスホルダーのスポンサーを集めれば収入を得られる。立っているだけの警備員を雇わずに済むはずである。 ・名刺が無駄 なぜ名刺を2枚も出さないといけないのか不思議でならない。1枚は首から下げて1枚は出展者に渡す。主催者によってはホチキスで留められもうその名刺は使えなくなる。 ドイツの展示会ではそもそも事前登録のみなので名刺を出すこともない。 受付で渡した名刺は恐らくデータ化して…
Read more

不織布バッグ事業立ち上げ

展示会に行くと多くのブースで不織布バッグを配布しています。 日本では無地のバッグを製品で輸入して国内で印刷する業者がほとんどですが海外の展示会で配布されているバッグは派手で目立つバッグが多く、私が見ているアメリカやヨーロッパで開催される展示会ではフルカラーバッグしか見かけません。 イメージマジックでは無地の不織布の原反生地からフルカラー印刷したフィルムを貼り合わせバッグを成形するまで一貫して日本国内で生産できるラインを構築しました。 場所の確保、設備の仕様を決めや準備期間を含めると約1年かかりましたがようやくサービスリリースできるようになりました。 全て超音波で溶着させるため、人によっては強度が弱いのではないかと思われがちですが、他社で販売されている縫製して作った不織布バッグと超音波で溶着して作った不織布バッグを外部検査機関で様々な比較検査したところ意図的に亀裂を入れて引き裂く試験のみ縫製の方が強い結果がでましたが、引っ張り強度や取っ手の強度では縫製の不織布バッグよりも強度がありました。 実際に酒屋さんに350mlの缶ビール24本入りのケースをバッグに入れてテストしていただきましたが合格判定をいただきました。 アメリカのコミック系のイベントCOMICONでは背負う…
Read more

イメージマジック 入社式

2018年4月2日 月曜日 入社式を行いました。 今年の新卒採用者は2人。 イメージマジックを設立した時にはまだ生まれていない2名だとわかり世代の差を大きく感じました。 新人研修、各部門の研修を経て所属部署に配属となります。 モノ作りが大好きな2人。 平均年齢を下げてくれた2人。 期待してます!
Read more

CES 2018 ラスベガス

1月9日からラスベガスで開催されている世界最大の家電の展示会。 未来を感じさせる新しい製品や技術が発表され非常に注目されている事もあり様々なサイトで最新情報が入手できる。 今年非常に多く発表されていると感じるのはAmazonのAlexaに対応した様々なデバイス。 お湯の温度調整や水量も全て音声で調整できるAlexa対応の蛇口や、声で明るさを調整できる照明付きミラー、その他トイレやシャワー、好きな香りを音声で自動調整できる芳香デバイスなども発表されている。 TOYOTA自動車も今年後半にアメリカで発売する一部の車からAlexa対応すると発表している。 家にもスマートホームデバイスを接続していれば、車内から音声で自宅のエアコン操作をして帰宅時に適温するなど色々便利な事ができるようになるらしい。 我々にとっては将来AlexaのデバイスとしてDTGプリンターを動かせたら良いと思う。 DTGプリンターの印刷開始ボタンを押す際に手を数十センチ移動させている。 一般的に手を30㎝往復させるのに0.7秒ほどかかる。 仮に1日1万枚のTシャツプリントをするとボタンを押す作業に7000秒かかっている事になる。 手で押す印刷開始ボタンを音声で制御できたり、その他のボタン操作も 手で操作…
Read more

オンデマンドプリントの設備

様々な機器メーカーや商社などからプリンターやオンデマンドプリントやオンデマンドプロダクトに役立つ設備機器を購入していますが、私たちの理想としている設備はなかなか見つからない。 日本に無ければ海外を探しまくり良い物が見つかれば輸入。 その海外にも無ければオリジナルで作るしかない。 日本のメーカーの物はトラブルが発生しても対応も早く安心できる。 しかしながら海外の製品には日本のメーカーでは考えつかないような発想で作られた製品がある。 もちろん作りは雑であったりするし、全く安心できない「あばれ馬」。 安定稼働させるまでには苦労も多いが、あばれ馬の特性を把握しうまくコントロールできたらようやく新しいサービスの立ち上げとなる。 長い道のりでもその先に得るものは大きい。
Read more

2018年 イメージマジック 新年会

2018年 全社会&新年会 全社会ではプロジェクターを使って各部門長によるプレゼンテーションを行った後に今後の戦略説明。 午後から近所で新年会。恒例のビンゴ大会に永年勤続表彰も行いました。 今年は今までやっていない新しい取り組みに加え、日本では初めてのマシンを導入した新しいサービスも始めます。 毎年のことですが新年はいつも希望に満ち溢れる日です。 今年もよろしくお願いいたします。
Read more

オリジナルの野球ボールを1点から作成

卒業記念に全面に印刷した野球ボールを1点から作ります。 結婚式の引き出物や記念品などにも最適です。 この硬式野球ボールは本物と同じ品質に合わせて作成していますので、ボール芯は実際の公式ボールと同じ重さになるように芯を巻いて作っており革も本物の牛革を使用し印刷から縫製まで日本で作っています。
Read more

meetmygoods(ミートマイグッズ)

meetmygoodsで販売する商品は完成した製品にプリントするものではなく 無地の原反生地にプリントして自動裁断を行い縫製します。 製品にプリントするだけの商品とは異なり、本格的なアパレル商品やリッチな商品を1点から販売する事ができます。 お店では絶対に売っていない製品を作って販売してみませんか? 例えば、以下のようなハンバーガーシャツを量産してお店で販売するという事はまずあり得ません。 それでも、ネットではこのような物が自由に作れ販売できます。 現時点では日本国内でのみ販売ですが、今後は英語版カートも用意し世界で販売できるようにしていきます。
Read more

meetmygoods.com (ミートマイグッズ)の使用生地について

meetmygoodsは、本格的なシャツやバッグを自分でデザインし販売する事ができるサービスです。 サービス実現までにはいくつかの課題を解決しながら1年以上の月日をかけようやく暫定リリースとなりました。 サイト構築、生地選定、形の選定、縫製工場の選定など様々な課題がありました。 その中で、今回は生地について触れます。 シャツとバッグどちらの素材についても、現時点ではポリエステル100%の生地を使用して昇華転写でプリントします。 シャツについては、短繊維の細番手の生地を使いますので見た目はかなり綿に見え、プリントをすると毛羽立ちが寝てしまいますので綿っぽさは多少薄れてしまいますがプリントする前の生地の状態でパッと見では、綿に見間違える人もかなりいます。 実際に同じ生地を使って製品を作っているアパレルメーカーもあります。 バッグについては、ポリエステルですが帆布生地を使用しますのでこちらもシャツ用の生地と同様に見た目は綿素材に見える生地です。 初期リリース時ではポリエステル100%素材ですが、綿ブロード素材へのプリントも同時にテストを行っております。 やはり、シャツはブロードが良い。オックスが良いという方もいます。 綿ブロード素材を使った商品展開は2016年春頃までに…
Read more