お知らせ

イメージ・マジックからのお知らせ

白物家電の逆襲

白物家電の逆襲

白物家電や黒物家電はご存知かと思います。

黒物家電はテレビやコンポなどのリビングなどで使う男の家電?は黒が多かったですね。
後にシルバーやゴールドも出てきたり、今ではPOPな色合いの商品も多く店頭に列んでいます。

白色家電は生活家電。つまり洗濯機や冷蔵庫、炊飯器という生活必需製品が主に白物家電と呼ばれています。
販売当初、洗濯機など性質上清潔感が求められるので白い商品が多かったという説や
色の加工技術はあっても、過酷な紫外線や形状、炊飯器の場合は食材と触れる為に塗装が剥がれた・・なんて事があってはならないという当時の加工技術の問題も大きく影響していたかと想像できます。

でも、正直飽き飽きしてるご家庭も多いようで、今では全くの白い家電というのも少なくなってきたように思います。

炊飯器も真っ白じゃ安っぽいし、冷蔵庫も白の単色ってあまりみかけなくなりましたね。

それでも、まだまだ淡い色の冷蔵庫や洗濯機・・・ゴールド系の炊飯器・・・相変わらず白が多いエアコンなど
メーカーが冒険しづらいジャンルのようです。

そこで最近は「こんな家電に華飾(プリントなどを施す)できる?」と相談される事が多くなってきました。

例えば、大ヒット商品の自宅で簡単に美味しいコーヒーがインスタントで出来るコーヒーメーカーや
ゲーム機、リモコン、机、空気清浄機のカバー、電気スタンド、照明のスイッチ・・・
他にも洗濯機のフロントパネルも実際にテスト印刷をしました。

話だけでしたが、車のボンネットも相談された事があります。

既にキャンペーンが終わっていますが、こんな商品が当たり前になる白物家電の逆襲が始まっています。
d5778-5-802701-0

これからは生活をよりエンジョイできるよう、個性や独自性が重要な鍵になってきそうですね。

記事の最上段に遊びで画像を作ってみましたが、オンデマンドでお客さまのご自宅の壁紙と同じ模様をエアコンにプリント!なんてどうでしょう。

簡単にカモフラージュできて、面白いのでは!?

その他にもまだまだ華飾によるカスタマイズできる商品がたくさんあります。

こんなのにプリントできるかな?
どんな加工方法なら可能か?など、いつでもお気軽に相談ください。

白くてつまらないもの、単色でつまらないものに華を添えてみませんか?

投稿者:青西
本ページ内容は投稿者個人の主観で自由に書かせて頂いています。所属する会社としての意見とは異なる場合もあります。

検索