お知らせ

イメージ・マジックからのお知らせ

靴/シューズ カスタマイズサービス リサーチ

いろいろ出てる靴/シューズカスタマイズサービス。
レッツリサーチ!

NIKE ID

 

もちろんトップバッターは、NIKE iD 以外ありえません。

USAでは1999年から。
日本でも2000年からスタートしています。

パーツを選択し、それが画面で確認し、かつ、複数カットで立体的に表示する というのはこのサービスが初めてなのではないでしょうか。

NIKEiD STUDIO というリアル店舗でのカスタマイズサービスも行っています。
アイキャッチの画像はベルリンのお店です。
日本にも原宿、吉祥寺、大阪、福岡にあります。

WEBサービスとしても、リアル店舗との連携にしても、このジャンルのリーディングサービスです。

mi adidas

 

adidas もNIKEiDと同様のサービスやってます。
mi adidas です。

 

国旗なんかを入れることもできますね。

世界のシューズ売上高シェア


NIKE、adidasのサービスを見たところで、世界のシューズの売上高シェアを見てみましょう。
2013年のデータが上記です。
NIKE、adidasが2強ですね。
最近のニュースだと、asicsが3位まで伸びつつあるそうです。

個人的には、UNDERARMERが伸びてくると予想しています。
ポストNIKEの旗手ですね。

では、2強以外のメーカー、スポーツシューズ以外のサービスも見てみましょう。

YOUR Reebok

 

Reebokも、もちろんあります。
はい。あります。

asics


WEBを活用してのカスタマイズサービスはなく、店舗で測定してのサービスですね。
3次元足形計測器、使ってみたい。

VANS

 

VANSのCustomサービスです。
スニーカーよりも1型あたりの売り上げが少ないと推察されるので、1足あたりのモデリング作成のためのコスト負担が大きくなってしまいますね。

Upper Street

 

当社の女子社員からの情報で、イギリスの「Upper Street」のshoe designerです。
靴の色や素材を3Dモデルで確認しながら細かく設定できます。

Milk & Honeyというアメリカのサイトが数年前からやっていたものですが、
去年Upper Streetに買われたようです。

Upper Street acquires US brand Milk & Honey

所感
    • 身に着けるものだと、Tシャツの次にWEBを活用したカスタマイズサービスが生まれたのが靴でした。

【Tシャツのカスタマイズサービスの特徴】

    • イメージマジックも含め、販売サイト/サービスがカスタマイズサービスを開発/提供しています。

Exception:ユニクロ様とイメージマジックが共同で運営しているユニクロカスタマイズはメーカー直販サービス

    • ほぼそれぞれの国のローカルサービス
    • 平面モデルがほとんどで、Tシャツの胸に大きくするプリントと胸のワンポイントを同時に選べるとかのなんちゃってモデルが多い。

Exception:イメージマジックのサービスは3D化しており各種制御しています

ヘビーウェイトTシャツにシュミレーションした事例

 

【靴のカスタマイズサービスの特徴】

    • NIKE等の世界有数のトップ企業が手掛けているケースが多い
    • トップ企業が手掛けているものは、高品質、グローバル

Tシャツと靴の類似点は以下です。

    • 一定のマーケット規模がある
    • SKU(stock keeping unit)、商品点数が多い

靴は一定の単価があり、かつ、ベースとなる型が洋服ほど多くないので、在庫リスクを極小化できるカスタマイズサービスは、非常に相性が良いです。

Tシャツ、靴の次は、もう境界がなくありとあらゆるものが生まれています。
上は帽子、メガネから、下はパンツやストッキングまでありますね。

カスタマイズできる/できない” ではなくシュミレーションができて当たり前となり、これからはより一層 ”楽しい” とか ”便利” といったサービスの本質が問われてくると考えています。

イメージマジックでは、カスタマイズサービスのパートナー様との協働/パートナー様への提供を行っています。
お気軽にお問い合わせください。

靴/シューズ カスタマイズサービス リサーチ

投稿者:京田
本ページ内容は投稿者個人の主観で自由に書かせて頂いています。所属する会社としての意見とは異なる場合もあります。