お知らせ

イメージ・マジックからのお知らせ

注目WEBマーケティングTOOLS

2015年通販ソリューション展に出展していた注目WEBマーケティングTOOLS

2015年5月13日~15日、通販ソリューション展がビックサイトで開催されていました。
2つほどWEBマーケティングツールで面白そうなものがありましたので、紹介します。


similar web

既に日常的に利用されている方も多いと思いますが、 similar web が PRO版の営業のために出展していました。
無料版には、私もいつもお世話になっています。
ちなみに ↑のアイキャッチ画像は、弊社で運営している originalprint.jp の診断結果です。

絶対的な数字の精度はともかくとして、傾向を掴むには有用な情報が見れます。
いつの間にか、日本での販売代理店さんが立たれていたようで、PRO版へのアップグレードをクリックすると特設ページに遷移するようになっていました。

こういったWEBマーケティングツールですが、元々は alexaを良く見ました。
最近は similarweb を使っている方の方が多いように思います。

代理店さんのお話では、日本国内のリサーチ対象は50万人で、alexa より多いとのこと。
私自身も、日本のサイトでは similarweb の方が精度が良い実感があります。

気になる pro版のお値段ですが、数百万円/年間とのこと。
確か元々、US$5,000/month ぐらいだった(※要確認)と思いますので、まあそんなもんかと。

フリーモニターになりたい旨を代理店の方に提案したのですが、あっさり断られました。


Nint

http://www.nint.jp/

楽天経済圏でのビッグデータ分析ですね。
かなりのデータが取れます。
また、精度についても自信を持たれているようです。
ご自身のショップID入力がサービストップページにありますね。

詳細は以下動画にて。

“成功した多店舗様の広告をそのままのテイストで使う”

動画内では、上記のような意欲的なコピー満載で営業されています。
これは心を動かされる楽天ネットショップ運営者の方もいるのではないでしょうか。


所感

WEBマーケティングツールとしては、PCではやはりGoogleがやっていないことを探すということでしょうか。
ターゲットの深堀や、スマホシフトで新しいビッグプレイヤーが出てくるかもしれません。

SEのみならず、楽天経済圏とかまで広告結果がまるわかりになる未来を想定すると、マーケティングに徹底的に秀でるか、又はサービスの本質的な力が問われるようになると思います。
広告についても、差別化されたコンテンツをどれだけ発信できるかですね。

弊社では、いろんな素材/商品への加工トライアルを積極的に行っています。
また、各種ウェブサービスについても、積極的にトライアルを行い、少なくとも日本初でのサービスをいくつも産み出しています。
各種アイデアやプランがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから

投稿者:京田
本ページ内容は投稿者個人の主観で自由に書かせて頂いています。所属する会社としての意見とは異なる場合もあります。

検索

カテゴリー