ブログ

業界ニュースやイメージ・マジックについて
掲載しています。

Tシャツプリントのビジネスモデル特許出願中

イメージマジックが開発したインクジェットプリンターを使ったTシャツプリントの仕組みはRFIDを使い世界最速クラスでTシャツに印刷することができる新しい仕組みで数か月前にビジネスモデル特許を出願しました。
細かい特長をここでは省きますが、誰が作業しても圧倒的に早く、在庫スペースも最小限で済むシステムです。

特許申請した仕組みは、インクジェットプリンターを使って1人の作業者が1時間213枚のTシャツプリントを実現できています。
多くのプリンターメーカーはカタログ上で、1時間印刷可能枚数を理論値で出していますので
沢山印刷できるように思ってしまいますが、実際に印刷するとカタログ上のような枚数を印刷することはできません。
イメージマジックでの1時間213枚は全て異なるデザインで実際に1人で印刷した実測値であり、世界中の高額・高速インクジェットプリンターと比較しても負けてないと思います。
例えば1億円のプリンターで1時間250枚印刷できるプリンターもありますが、それは作業者が2名必要で私たちの仕組みの方が圧勝です。

インクジェットプリンターではありませんが、例えばオートのシルクスクリーン印刷機では、Tシャツを着せる人と抜く人と別の作業者が行いますので2人で作業する事となり2人で400枚の印刷と比較すると、たった1人で213枚という数字がどれほどの実力かおわかりいただけると思います。
これが現時点の最高記録ですが、ソフト的に改造したり、構造的に一部を変更したり、新たな補助装置を開発することでまだまだ1時間の印刷枚数を増やせることはわかっています。
実現もしていないのに、あまり大きい事を言うわけにはいかないですが、もしかしたら1時間1人で400枚も実現できるかもしれません。
ただ、印刷する部分を短縮したところで、全体の工程の一部であり、入荷から引当をして生産、検品、たたみ袋詰め、梱包、出荷まですべての工程を常に最善のものになるように改善し続けています。
必要なハードがあれば世界中の中から最良の機器を輸入し、無ければ独自で開発構築することもあります。
自社のエンジニアチームが自社工場を直接見て問題や課題があれば素早く改善する。
すべて自前で行っている事が私たちの最大の強みでもあります。
この仕組みでTシャツ印刷がもっと手軽でもっと身近になり市場拡大に貢献できればと考えています。

関連記事