ブログ

業界ニュースやイメージ・マジックについて
掲載しています。

ボトル用ロータリープリンター

ロータリープリンターを使ったドリンクウェアのプリントサービスを開始しました。
様々な分野でアナログプリントからデジタルプリントに変わっていく中でドリンクウェアへのプリントもその一つです。
今まで、ドリンクウェアへ名入れ印刷をする場合、パッド印刷を使うか回転式のスクリーン印刷機が一般的です。
そのため必ず1色ごとに版代がかかってしまうため、小ロットで印刷する場合では版代が不要なインクジェットプリンターでプリントを行うものですが、ドリンクウェアなどの円筒形の商品に印刷する場合では1周プリントができる専用のロータリープリンターが必要となります。
その中でも生産ロットに応じて適したプリンターも異なり大きく分けると
小ロット向け、小ロットから中ロット向け、大ロット向けの3タイプのプリンターに分けられると思います。
現時点国内で販売されているロータリープリンターでは小ロット向けしかなくイメージマジックでは
海外から小ロットから中ロットに適したプリンターを導入しました。
日本では初号機となるプリンターですが欧米では実績もあり印刷品質、性能共に今まで見てきたロータリープリンターの中でも品質に満足できるプリンターです。
印刷できる商品の形に制限もなく、精度も高く高速で印刷することができます。

円柱形のものだけでなくテーパードになった形状でも一切ズレることなく周りをきれいに印刷することができます。
現時点サービスは一部の素材に限定していますが、本来はプラスチック、ガラス、ステンレス、アルミなどのタンブラーや水筒、コップなど様々な素材にもプリントできます。
また、塗布する順序も自由に設定できるため通常では白+カラー+バーニッシュ(クリア)の順にプリントするところを、ガラスコップなどにプリントする場合ではカラー+白+カラー+バーニッシュの順にプリントすることでグラスの中からも印刷を見ることができます。
ロータリープリンターは、デジタルプリントの歴史がまだまだ浅く今後更に進化したものが出てくると思われます。

関連記事