Trans Jet(オンデマンド転写プリンター)
Trans Jet(オンデマンド転写プリンター)
補助金・助成金対象

補助金・助成金対象

生産性向上の証明書について、提出可能です。「 ものづくり補助金 」を使用の際にはご相談ください。

リース対応

リース会社 のご紹介が可能です。

レンタルプラン

イベント用やトライ用のレンタルプランもご用意しております。

こんな商品にプリントができます

「Trans Jet」プリンターで
作れるもの

Tシャツ

Tシャツ

作業服ユニフォーム

作業服ユニフォーム

バッグ

バッグ

キャップ

キャップ

スニーカー

スニーカー

傘

「Trans Jet」を使い

転写シートを作って
プリントするまで
のフロー

プリントフロー

1.プリントアウト

1.プリントアウト

プリントしたいデザインデータを、転写シートにプリント出力します。転写シートにカラーインク、ホワイトインクの順に印刷されます。

矢印

2.パウダー処理

2.パウダー処理

印刷された面に、パウダー状の ホットメルトバインダー を自動で振りかけます。余分なパウダーが落とされ、ヒートトンネルをくぐることで、パウダーが溶けて定着します。フィルムを冷却し巻き取りします。

矢印

3.熱プレス機で転写プリント

3.熱プレス機で転写プリント

Tシャツやバッグなどに転写シートを置き、熱プレスします。

矢印

4.シート剥離

4.シート剥離

冷却後シートを剥離すれば、プリント完成です。

「プリント&カット」と
「オンデマンド転写」の
プリントフロー比較

「プリント&カット」と「Trans Jet」のプリントフロー比較 「プリント&カット」と「Trans Jet」のプリントフロー比較

「Trans Jet」で実現するオンデマンド転写では、プリント&カットなどでは必要な、カス取りやリタック作業が不要です。そのため大幅に作業時間を短縮できます。
従来の一般的な転写と比較し、シート作成コストを約78%削減できます。(当社調べ)

Tシャツやアパレル製品へ
プリントする方法


大きく分けて
3つの方法があります

シルクスクリーン印刷

1.シルクスクリーン印刷

もっとも古くからあるプリント方法で、1色ごとに製版が必要で版代というものがかかります。
イメージマジックでは版代不要のシルクスクリーン印刷「IMシルクスクリーン」もありますが、1色ごとに色を刷ります。そのため色数が増えるとその分価格も上がっていきます。大量生産時には安価で作る事ができ、インクを変えれば様々な素材にプリントできますが、素材の種類や刷る色によっては熟練度が必要で、仕上がり品質に、素人と職人の差が大きく出ます。
インクの種類も油性インク水性インクがあり、メーカーによって微妙に風合いも使い勝手も異なります。手動で作る印刷機は安価なものもありますが、製版器や紗張り機や自動印刷機など全て揃えるには数千万円以上かかります。

インクジェットプリント

2.インクジェットプリント

DTG(Direct to Garment)と呼ばれる、衣類に直接インクジェットプリンターで塗布する方法は、プリンターの進化によって普及してきました。以前は印刷スピードも遅く画質もよくありませんでしたが、年々印刷スピードも速くなり画質よくなってきました。しかし、黒いTシャツなどの濃色生地へ印刷する場合では必ず前処理が必要となるため、この前処理の塗布の仕方で、仕上がりも大きく変わってしまいます。
前処理を自動で塗布する機能を備えたプリンターもありますが、同じ綿Tシャツでも品番が変われば微妙に前処理の塗布量を変更します。ここでも熟練度が必要です。

転写プリント

3.転写プリント

転写は転写シートをTシャツなどの生地に熱で貼り付けます。貼り付ける際には、「熱プレス機」「転写機」「熱圧着機」「ヒートプレス」など、様々な呼び方がありますが、Tシャツに転写シートを乗せ、一定時間の熱と圧力をかけることで様々な素材の生地にプリントできます。
「Trans Jet」で作るオンデマンド転写は、この転写シートが高品質で簡単に作れるプリンターです。

「オンデマンド転写(Trans Jet)」と
他プリント方法との比較

シルクスクリーン印刷 インクジェットプリント オンデマンド転写

オンデマンド転写

用途 アパレル、スポーツ、ノベルティ、ユニフォーム アパレル、ノベルティ アパレル、スポーツ、ノベルティ、ユニフォーム
フルカラー印刷 ×
不向き
素材 素材に合わせてインクを変更 綿 綿・ポリエステル・ナイロン等
摩擦耐久性
最低生産ロット 10~ 1 1
熟練度 必要 濃色生地は必要 不要
製作時間 1時間 淡色 5分
濃色 15分
5分

転写プリントするために
必要な転写シートの
作成方法
には

様々な方法があります

今までの転写シート作成方法

今までTシャツプリントや、パーカー、キャップ、バッグ等にプリントする転写シートを作る場合、

  • ・ロールシートにソルベントプリンターで印刷し、カッティングマシーンでカットする、プリント&カット方法
  • ・レーザープリンターで転写紙に出力し、トナーに白いシートを貼り付け転写プリントする方法
  • ・デジタル転写と呼ばれるトナー出力した紙にスクリーン印刷で白インクを乗せホットメルトを付ける方法 (この方法は版代が必要なため小ロットには不向き)
がありました。

「Trans Jet」の転写シート作成方法

水性インクジェットプリンター「Trans Jet」によってカラーインクを出力し、その上からホワイトインクを塗布します。その後プリント面にパウダー定着器によって、パウダー状になった ホットメルトバインダー を、印刷された上からふりかけます。パウダーを熱のかかったコンベアに通すことで、パウダーが溶けて固まり、その後冷却させ、フィルムを巻取ります。これらを全て自動で行います。 完成した転写シートをTシャツなどに熱プレスし冷めたら、シートを剥離して完成です。

「Trans Jet」は何が優れているのか

「Trans Jet」の転写シート作成方法では、煩わしい「カス取り」「リタック」「製版」の作業は全て不要で、熟練者による特別なスキルも全く必要ありません
従来のマーク作成と比較し、シート作成コストを約78%削減できます。(当社調べ)
プリントのデザインについても、従来の転写プリントでは、手作業でデザインの余白を取り除くため、細かいデザインや文字の場合はデザインどおりのカットが出来ませんでした。オンデマンド転写ではカス取り時の、人的ミスによる剥き漏れや部分欠損も発生しません。

また、耐摩擦性に優れ、綿、ポリエステル、ナイロン等への加工が可能なため、アパレルでのTシャツ、パーカー、キャップ等へのプリントのみならず、製品の耐久性を求められるスポーツアパレルや、複雑で細かいデザインを求められるユニフォーム加工でも活躍いたします。

Trans Jetを使ったオンデマンド転写 は、1枚から高品質で誰でも簡単に様々な素材にプリントすることができるプリント方法です。新しい技術要素はありません。ホワイトインクが無かった時代では実現できなかった手法ではありますが、ホワイトインクにそのままパウダーを自動で乗せてそのまま自動でコンベアにくぐらせた。たったこれだけの事が今までになかったことです。

転写シート作成方法の比較

トナー転写 プリント&カット デジタル転写 オンデマンド転写

オンデマンド転写

発色方法 レーザープリンター 油性インクジェット レーザープリンター

シルクスクリーン印刷
水性インクジェット
カス取り 必要 必要 不要 不要
バインダ― シート シート ホットメルトバインダ― ホットメルトバインダ―
版代 不要 不要 必要 不要
製作工程 2工程 3工程 3工程 1工程
製作ロット 1~ 1~ 100~ 1~

※当社調べ

代表的な転写シートの
作成方法

トナー転写

カラーコピー機やレーザープリンターの登場と共に進化してきました。トナー転写は、熱で貼り付くシートの上にトナーを乗せ、周りをハサミで切ったり、トナー部分だけに白いシートを貼り付け不要な部分を取り除いて転写する方法ですが、トナーの粒子の大きさは、インクジェットのインクよりも粒子が大きいため、高画質化には限界があります。また、トナーは静電気を使って印刷するため、プリンターに合わせて転写紙の開発や調整が必要ですべてのレーザープリンターの機種で使えるとは限りません。

インクジェットプリント

プリント&カット

白いシートに油性インクのインクジェットプリンターで出力し、デザインに合わせてカッティングマシンでカットします。デザインデータとカッティング用のカットパスの2つのデータを用意し出力します。カットしたあとは不要な部分を剥がすカス取り作業が必要で、細かいデザインではカス取り作業に膨大な時間を費やすこともあります。そのためカス取り作業時間を短縮するため特に細かいデザインでは、Tシャツなどの生地色と同じ色をデザインの周りに数ミリの台座を付けて印刷することで、カス取り作業を減らしていましたが、カス取り作業を無くすことはできず、やはり手間がかかる作業でした。カス取り後にはリタックフィルムに貼り付け熱プレスしてプリントします。

インクジェットプリント

デジタル転写

印刷品質はトナー出力のため色の再現性には限界があります。デジタル転写で多く使われているプリンターのトナーは、CMYKの4色のトナーを使用しますが、黄色のYトナーだけ染料が使われている事が多く、転写シートの裏面が黄色くなっており、黄色の部分が昇華して色が飛んでしまいます。 転写紙に出力したあとに、シルクスクリーン印刷で白インクを刷り更にバインダ―糊の版を作ります。そのため製版代がかかってしまうため1枚から作る場合では値段がかなり高くなってしまいます。

Trans Jet

これらの課題を
解決したのが、

オンデマンド転写プリンター
「Trans Jet」です。

Trans Jet

サンプル/実機の見学や
Webミーティングについては
お気軽にお問合せ下さい。

お問合せ

こんなビジネスシーンに
おすすめです。

アパレルのみならず、スポーツアパレル、ユニフォーム加工でも活躍

アパレル

アパレルプリント

衣類(Tシャツ、スウェット他)はもちろんのこと、
バッグや帽子等さまざまなグッズを1枚から製作できます。

スポーツ/ユニフォーム加工

スポーツユニフォームプリント/

作業服ユニフォームプリント

綿・ポリエステル製品に対応。耐摩擦性に優れ、
細かい文字もフチなしで加工できます。

プリント工場

プリントショップ

小ロット生産はもちろんのこと、
大量生産にも対応。
効率よく生産し、
生産性を追及した加工ができます。

雑貨/店頭販売

雑貨プリント/店頭販売

1枚からの加工が可能なため、在庫不要。
店頭での小ロットグッズ展開もできます。
店頭の名入れプリントをサポートするアプリ
もご用意しております。

学校

学校

特に美術系の学校では自分でプリントする機会が多い学校などでは
この1台で多くの学生に重宝します。
またクラスTシャツも自分でプリントする体験研修の一環としても活躍します。

幅広いアイテムを、フチなく、
デザインに忠実に彩ります

対応素材:綿、ポリエステル、ナイロン 他

Tシャツ(綿)

Tシャツ(綿)

Tシャツ(ポリエステル)

Tシャツ(ポリエステル)

スウェット

スウェット

パーカー

パーカー

トートバッグ

トートバッグ

マルシェバッグ

マルシェバッグ

タオル

タオル

キャップ

キャップ

必要機器・消耗品

現在準備中です。詳細はお問合せください。