梱包出荷機

1時間に400件の梱包出荷を実現。​

梱包出荷にかかる
コストを下げられる梱包出荷機
「ODPS-K60J」

人件費も上昇し、段ボールなどの資材価格も上昇、更には物流コストも上昇している中、通販や物を出荷して売上げを獲得する会社にとって、梱包出荷にかかるコストを下げる事は急務となっています。梱包出荷にかかる人件費を下げるには、1人の作業時間を短縮する事が必要です。そして、誰がやっても早く間違えることなく出荷できる機械が当社の「ODPS-K60J」です。

アパレル製品などを出荷する場合、一般的に枚数が多い場合では段ボールで出荷、少ない枚数では袋で出荷する場合が多いですが、アパレル製品を袋で出荷する場合は、圧倒的に早く出荷することが可能な梱包出荷機です。また、商品が箱に入ったまま袋に入れる事も出来るので、シューズなどを箱で出荷する場合にも有効です。

バーコード(もしくはRFID)を読み取ると、宛先が印刷された送り状が、袋に貼り付いた状態で出てきます。あとは、袋に出荷製品を入れてボタンを押すだけで、超音波で瞬時に袋を封印し作業完了です。
例えば、400件の出荷を行う場合、段ボールの場合では組み立て時間、ガムテープ貼り付け時間を含めると、1人の作業で約6時間かかります。この「ODPS-K60J」で梱包すると、約1時間で400件の出荷作業が終わり人件費は1/7と大幅なコスト削減が実現できます。

袋に入れられる商品は最大幅560mm×長さ800mmのサイズまで対応しています。

一人の400件
梱包出荷作業に対する、
作業時間比較

ODPS K-60Jの特長

作業負担を
1/6に圧縮

1時間400個の梱包出荷を実現。作業負担を1/6に。

梱包材費用を
40%削減可能

専用PEバックでの発送。高騰傾向にある段ボール梱包と比較し梱包材費用を40%以上削減可能。オリジナルデザイン、生分解性プラスチック素材も受付可能。

送り状の
自動貼付け機能

送り状を自動で貼り付けることで、人員とスペースの削減を実現し、かつ、送り状の貼り付けミス等も防止します。

簡単
オペレーション

RFIDまたはバーコードを読み取りバックに入れるだけ。勤務初日からでもハイスピードオペレーションが可能です。

様々な商品に
対応

Tシャツや靴などのファッション雑貨をはじめ本など袋出荷が可能なすべての商品が発送可能です。

本体スペック

サイズ

L1580mm×W850mm×H1420mm

重量

200Kg

スピード

400pk/h

モニタ

12LCD タッチスクリーン

電源

AC100V,50/60Hz 1500W

専用梱包袋

素材 PE
厚み 0.04~0.08mm
200mm~560mm
長さ 350mm~800mm